家の顔!今日から使える素材別玄関掃除の方法紹介

来客があった時に一番はじめに目にする家の中が玄関です。玄関を見ればその家が片付いているかいないか、住んでいる人の考え方なども分かってしまいがちなとても重要な場所です。靴についた石やホコリを持ち込みますので玄関の素材を傷つけたり色が染みこんだりすることも。正しい掃除の仕方を理解して美しい玄関を手に入れましょう。


1.玄関床の素材別おそうじポイント説明

玄関の床に使用される素材の主なものに3つあります。素焼きタイル(テラコッタタイル)、大理石、クッションフロアです。

素焼きタイル(テラコッタタイル)

玄関床に使用される代表的な素材です。傷や汚れに強いのですが、表面に防水・撥水加工がされていないと水気を吸収してしまいます。ご自宅のタイルに水を少量垂らして染みこむか確認しましょう。重たい物や硬い物を落とすと欠ける可能性がありますので、掃除道具を使用する際は気をつけてください。

大理石

主成分が石灰岩です。石灰岩は細かい穴が無数にあいていて汚れが染みこみやすく、水気にもあまり強くなく、柔らかい素材ですので取扱には十分に注意が必要です。非常にデリケートな素材ですので、アルカリ電解水やクエン酸などの使用もお勧めしません。

傷が付きやすいので、表面のゴミやホコリをまず除去し、水を硬く絞った柔らかいタオルなどで表面の汚れを取りましょう。

クッションフロア

番お手入れが簡単な素材になります。傷にも強く通常の洗剤であれば気にせずに使用することができます。水気にも強いのですが、接着剤で床材に貼っているので水を沢山使用すると接着の弱い部分などから染みこみ剥がれの原因になったり、カビの発生原因になることもあります。目視で剥がれや破れが無いかをまずチェックしましょう。


2.玄関の主な汚れ

玄関は靴を脱ぎ着し、コートなどの脱着する玄関は汚れのもとが沢山存在します。

砂や花粉、ほこり、髪の毛、ゴミ、靴底のゴムの擦れなどの汚れがあります。


3.玄関掃除のやり方

玄関掃除のポイントは汚れの状態を把握することが重要になります。表面にのっていてさっと取れる汚れなのか、表面にあるけれど湿っていたり、汚れと絡まってしまっている汚れなのか、床材に染み込んでしまっている汚れなのかをまず把握しましょう。それぞれの汚れの状態により、掃除の仕方が変わります。

使用する掃除道具

素材ごとに使用する道具は文章の中に記載しています。

  • 台所用中性洗剤

  • 掃除機、ホウキ

  • タオル

  • マイクロファイバークロス

  • アルカリ電解水

  • メラニンスポンジ

  • ブラシ

1.大理石タイルの掃除の方法

①掃除機で表面にのっている乾いた汚れ(砂やホコリ、ゴミ)を取ります。

 

②スプレーボトルに中性洗剤を10倍に薄めたものを入れ、玄関床全体にスプレーします。一度に大量にスプレーすると大理石に染みこみ、変色変質の恐れがあるのでやめましょう。

③面をかえながらマイクロファイバークロスで優しく拭きます。しつこい汚れには再度スプレーして拭きましょう。

 

④乾いたタオルで洗剤を吸い取りましょう。

⑤水をスプレーボトルに入れて、全体にスプレーし④と同じように拭きとることを拭き取った水に汚れがなくなるまで行いましょう。

⑥仕上げに乾いたタオルで水気をしっかりと拭き取りましょう。

2.クッションフロアの掃除の方法

①掃除機やほうきで表面の汚れを取ります。

②中性洗剤を10倍に薄めてスプレーし、タオルの面をかえながら床全体を拭きましょう。汚れが取れるまで何度か繰り返してください。汚れが気になる場所はメラニンスポンジで擦り落としましょう。

③水をつけて硬く絞ったタオルで面を変えながら拭き上げましょう。

3.テラコッタタイルの掃除の方法

① 掃除機やホウキで表面の汚れを取ります。


② アルカリ電解水を全体にたっぷりスプレーします。


③ ブラシで擦ります。


④ 流せるならばホースで水を流して、浮いた汚れを流し仕上げにタオルで水気を拭き取りましょう。難しければ、水を絞ったタオルの面を替えながら汚れを拭き取りましょう。


4.注意点

これまでご紹介した点以外で素材ごとに特に注意して頂きたいポイントをご紹介します。

大理石

重たい物、先が鋭い物、水気を拭くんだ物などを大理石の上に置くのは止めましょう。へこんだり、欠けたり、シミになったりする原因になります。研磨剤入った洗剤やスポンジを使用すると表面に傷がついてしまいますので使用しないでください。

クッションフロア

破れや剥がれ、浮きが無いかを確認しましょう。いずれかがある場合は洗剤や水が下地に染みこむと剥がれやカビ、浮きの原因になります。金属製のタワシなどを使用すると破れの原因になりますので使用しないでください。

テラコッタタイル

タイルの目地が取れたり、欠けたりしていないかを確認しましょう。隙間があるとそこから水や洗剤が染みこみ、剥がれや浮き、変色、カビの原因になることもあります。


5.まとめ

色々な素材の玄関床がありますが、素材により掃除の仕方が変わります。ご自宅の玄関床の素材を確認して、欠けや剥がれの有無を確認し、適切な掃除をしましょう。

共通するポイントは、小まめに表面の汚れを除去して、泥や何かをこぼした汚れは、絞ったタオル等で早めに拭いて、染みこませないようにしましょう。

12年の経験と実績を持つハウスクリーニング「おそうじ大使」から暮らしやすい空間と安心を届けします

12年の実績を持ち、複数のメディアで紹介されたおそうじ大使の代表者として、主婦で母親の私が欲しかったハウスクリーングサービスを同じ悩みを持つ皆様に自信を持ってお届けします。

  • ハウスクリーング
  • リフォーム
  • 害虫駆除
  • 設備のトラブル
  • 消防設備機器関連

ご自宅に伺うスタッフは、ハウスクリーニング技士の資格を取得したものを筆頭に当社オリジナルの講習を受けた者です。設備、リフォーム担当者は電気工事士などの専門資格を取得しております。

どうすればお客さまに安心してお任せいただけるか喜んでいただけるかを日々考え、よりよいサービスをお届け出来るようスタッフと共に歩んで参ります。ハウスクリーニングの事なら是非おそうじ大使にご相談ください。

お問い合わせフォーム

ご依頼内容
(複数チェック可)必須
建物の所在地必須
ご担当者名必須
会社名
(法人のみ)
ご希望の連絡手段
(いずれかをチェック)必須
Eメールアドレス必須
電話番号必須
ご記入欄