もう臭くない!電子レンジの臭い取りにお薦めの3つの道具と方法解説

毎日大活躍の電子レンジ。色々な物を温めるのに無くてはならない存在だけれど、たまに失敗して牛乳をこぼしたり、食品トレーを溶かしたり、揚げ物の油が天井まで飛び散ったりして、庫内が結構臭くなっていませんか?今度こそ掃除しようと思っても、いざとなると億劫になって先延ばし続けていませんか?臭いまま放っておくと、次に温めるときに食材に臭いが付いてしまい、美味しさも半減してしまいますね。ここでは、思っているより簡単に電子レンジの臭いを取る方法をご紹介します。今すぐに出来ますので今度こそチャレンジしてみて下さい。


1.電子レンジの臭い取りに必要な道具

電子レンジをいざ掃除しようと思うと、電化製品なので何を使っていいか迷う方もおられるかと思います。食品を温めるときに使用するものなので、きつい洗剤は使えないですし、汚れを落とすのに固い素材のブラシを使うと傷を付けてしまいます。ここでは、体にも安心なのはもちろん、すっきりキレイに出来るのに、すぐに揃えられる道具を使った掃除方法をご紹介します。

1-1.アルカリ電解水

最近では100均でも売られているアルカリ電解水。
アルカリ電解水は水に塩や炭酸カリウムや水酸化ナトリウムなどを加え電気分解したアルカリ性の溶液です。アルカリ電解水は殺菌作用に優れ、臭いの元を殺菌するので消臭効果もあります。
色々な製品が販売されていますので、裏面の成分にアルカリ電解水(炭酸カリウム、水酸化ナトリウムの濃度が書いてあるものもあります)と記載されているものを選んで下さい。重曹を水で溶かして掃除する方法もありますが、濃度調整も手間ですし、濃い場合溶けた重曹が乾燥して庫内に白い粉が付いてしまうので、アルカリ電解水の方がより簡単ですのでお薦めです。
アルカリ電解水には色々なものを添加しているものもありますが、電子レンジは口に入れるものを扱う場所なので、薬品や添加物がないものをお薦めします。水で出来ているので、二度拭き不要なのに消臭、抗菌、油分分解作用もあり、温めて使うとより効果を発揮するので電子レンジの掃除にはピッタリです。何を選ぼうか迷われる方は、下記にご紹介する製品をお試し下さい。

 ・水の激落ちくん

ご存じ激落ちくんシリーズの仲間です。スーパーやホームセンター、インターネットでも売られていますので、手に入れやすい製品です。pH(水溶液中の酸性・アルカリ性の度合いをしめすものです。)も約12.5でそのまま使えて便利です。2回目からは詰め替え用を選べば経済的です。

参照元 LEC

1-2.キッチンペーパー

アルカリ電解水を含ませて、電子レンジでチンする際に使います。よく紹介される方法は雑巾に染みこませて掃除する方法もありますが、油など汚くなった雑巾を洗うのも手間なので、キッチンペーパーを重ねて使う方法をお薦めします。

参照元 大王製紙

1-3.手袋

チンして熱くなったキッチンペーパーを使って掃除しますので、手袋をしてやけどをしないよ
うに手を保護して下さい。

参照元 ショーワグローブ


2.掃除手順

2-1.キッチンペーパーを1/4の大きさに折りたたんだものを4つ用意する

お皿に並べやすく、手に持って拭くのに使いやすい大きさの1/4にキッチンペーパーを折ります。

2-2.皿にキッチンペーパーを重ねて置きアルカリ電解水80mlを染みこませる

少し深みのある皿に折ったキッチンペーパーを重ねて置き、アルカリ電解水80mlを上から注ぎ、染みこませます。温めた時にアルカリ電解水が庫内に十分に付着するために少し多めの量になっています。

2-3.ラップをしないで、ターンテーブルに置き、500wで3分チンする

皿に入れたアルカリ電解水を温めて蒸気を庫内に拡散させます。

2-4.3分放置

3分放置したら、手袋を着用して扉を開け、キッチンペーパーの水を少し切って、庫内を面をかえながら拭き汚れを落とします。チンした後放置することで、温められたアルカリ電解水が汚れに作用し、除去しやすくなります。キッチンペーパーが足りなければ、追加で折ったものを皿に残った電解水に付けて拭いて下さい。最後に乾いたキッチンペーパーで庫内をサッと拭き上げてください。


3.一緒に掃除した方がいい場所

3-1.ターンテーブル

①電子レンジから外してシンク内に置く

②熱湯をかけて汚れをふやかします。お湯を皿内に溜めて中性洗剤を垂らしてから10分放置

③スポンジで汚れを落とす④シャワーをかけて流す

3-2.ターンテーブルの下の庫内の汚れ

吹きこぼれたりした物がターンテーブルの下で焦げたり、固まったりすると簡単に除去するこ
とが出来ません。電化製品なので、水を多く使うこともできず困っている方も多いのでは?

①半分に折ったキッチンペーパーを二つ作る

②アルカリ電解水を汚れの場所にスプレーする

③キッチンペーパーをスプレーした場所に置き、その上から再度スプレーする

④500wで2分チンする

⑤手袋を着用し、キッチンペーパーを剥がして、汚れの場所を拭く

⑥乾いたキッチンペーパーで汚れを拭き取る


4.いつもきれいにするための一手間

・温める時は出来るだけラップをする・・・・ラップをしないと温められた液体が蒸発して庫内に不着したり、油分を含む食品がはじけて庫内に飛び散り汚れの原因になります。
・少し大きめの器に入れてふきこぼれないようにする                   ・ふきこぼれたり、飛び散ったら、すぐに汚れを拭き取り、アルカリ電解水を吹き付けてキッチンペーパーで拭く。
週に1度はアルカリ電解水で庫内と外面を拭く・・・・毎日出来るのが一番ですが、汚れが溜まって臭くなる前、汚れが取れにくくなる前に1週間に1度は拭かれることをお薦めします。.


5.まとめ

無くてはならない電子レンジですが、気になりながら汚れたまま放置していませんか?
電子レンジは電磁波が庫内の壁にあたり反射で食材を温める仕組みですので、汚れが庫内壁面に不着していると、反射が行くべき方向に行かない&汚れを温めるのに電磁波のパワーが使われてしまうので、温めたい食材に十分に電磁波が届かなくなってしまいます。
汚れは放置しておくと悪臭のもとにもなります。美味しく食べるためにも、安心して口に入れるためにも一手間を心がけて、いつもキレイな状態を保ちましょう。

 

 

 

 

12年の経験と実績を持つハウスクリーニング「おそうじ大使」から暮らしやすい空間と安心を届けします

12年の実績を持ち、複数のメディアで紹介されたおそうじ大使の代表者として、主婦で母親の私が欲しかったハウスクリーングサービスを同じ悩みを持つ皆様に自信を持ってお届けします。

  • ハウスクリーング
  • リフォーム
  • 害虫駆除
  • 設備のトラブル
  • 消防設備機器関連

ご自宅に伺うスタッフは、ハウスクリーニング技士の資格を取得したものを筆頭に当社オリジナルの講習を受けた者です。設備、リフォーム担当者は電気工事士などの専門資格を取得しております。

どうすればお客さまに安心してお任せいただけるか喜んでいただけるかを日々考え、よりよいサービスをお届け出来るようスタッフと共に歩んで参ります。ハウスクリーニングの事なら是非おそうじ大使にご相談ください。

お問い合わせフォーム

ご依頼内容
(複数チェック可)必須
建物の所在地必須
ご担当者名必須
会社名
(法人のみ)
ご希望の連絡手段
(いずれかをチェック)必須
Eメールアドレス必須
電話番号必須
ご記入欄