設置基準を知って停電に備える!出口を照らす避難口誘導灯の簡単解説

劇場など真っ暗な場所にいると、ところどころ出入口の上に明かりが付いていることに気が付きますね。この明かりは避難口誘導灯といいます。火災や地震があって停電になった時でも出入口を照らして逃げる場所を教えてくれる大変ありがたい設備です。

この避難口誘導灯は出入口に設置する設備ですが設置ルールは消防法で取決められています。ここでは出入口に設置する避難口誘導灯についての設置基準をわかりやすく解説しています。

安全を守るためにも是非参考にして下さい。


1.避難口誘導灯の設置基準

避難口誘導灯は外部に通じる扉、階段に通じる扉など開口部の上部付近に設ける誘導灯です。非常時は避難する出入口を指し示し外部へ誘導する大切な設備です。なお避難口誘導灯の設置基準は消防法施行規則第28条の3で定められています

ここでは最低限抑えるべき設置基準についての内容を説明していますがより詳細が知りたい方は
こちらで確認して下さい。

それでは設置基準を一つ一つ見てまいりましょう。

1-1.屋外に通じる出入口に設置する避難口誘導灯の場所

部屋(事務所など)の中から屋外に通じる出入口には避難口誘導灯を設置する必要があります(附室が設けられている場合にあっては、当該附室の出入口だけで構いません)また不特定多数の方が利用する100㎡を超える部屋の出入口や特定の方が利用する400㎡を超える部屋の出入口に設置する必要があります。

「避難口誘導灯 設置基準 屋内から直接地上に通ずる出入口に設置」の画像検索結果引用元:非常灯.com

1-2.階段の出入り口に設置する避難口誘導灯の場所

直通階段の出入口がわかるように避難口誘導灯を設置する必要があります。

引用元:青木防災

1-3.廊下に通じる避難口誘導灯の場所

室内から廊下や通路に通じる出入口に設置する必要があります。

「避難口誘導灯 設置基準 屋内から直接地上に通ずる出入口に設置」の画像検索結果引用元:非常灯.com

1-4.防火戸に設置する避難口誘導灯の場所

室内から通じる廊下や通路に設けている防火戸に設置する必要があります(直接手で開くことができるもの)

「避難口誘導灯 設置基準 室内から通じる廊下や通路に設けている防火戸に設置」の画像検索結果引用元:非常灯.com

1-5.避難口誘導灯の高さ制限の廃止

避難口誘導灯の高さの設置基準が廃止されました。避難口誘導灯は今まで床から1.5m以上の高さに設置する必要がありましたが高さ制限が撤廃され、高さに関係なく避難口誘導灯を設置しなければなりません。

引用元:非常灯.com


2.避難口誘導灯の設置を免除する基準

避難口誘導灯は安全を守るために設置する必要がありますが誰でも非常口がすぐに確認できる場所であれば設置を免除できるケースがあります。それでは順番に設置免除のケースを見ていきましょう。

2-1.室内出入口での設置の免除基準

室内のどこからでも部屋の出入口がすぐわかり、出入口とすぐ判断できる場合で、床面積が100㎡以下の場合は避難口誘導灯の設置を免除することができます。

また室内のどこからでも避難口が簡単にわかり判断できる場合で、かつ、その歩行距離が避難階においては20m以下であり、避難階以外では10m以下の場合は避難口誘導灯の設置を免除することができます。

引用元:岩崎電気


3.まとめ

避難口誘導灯は外部や階段に通じる扉の上に設置する誘導灯です。

消防法で設置基準と設置除外基準が定められています。

避難口誘導灯は誘導灯の一種です。誘導灯についての詳細は、当ブログの「停電の時でも困らない為に「誘導灯の交換時期と方法」4つのポイント」を参照してください。

多くの人々に建物を安心して利用してもらえるようにするためにも誘導灯の設置は消防法令の設置基準に従って行うようにしてください。

 

創業以来59年の実績がある東和総合サービスで「安全と信頼の設備管理」を手に入れませんか?

「管理費が高い」「作業の質が低い」「対応や連絡が遅い」とお悩みではございませんか?昭和34年創業の弊社はビル管理のパイオニアならではの「安全と信頼の設備管理」をお届けすることができます。具体的には下記の検査・点検が可能です。

  • 消防設備点検(防火対象物点検)
  • 建築設備定期検査・特定建築物定期調査・防火設備定期検査
  • 巡回設備点検
  • 常駐設備員
  • 24時間の設備緊急対応
  • その他設備点検全般

設備管理業務は設備トラブルが起きないよう維持管理することが大切で、建物を利用する人々の安全を守る重要な業務です。ビル管理業界の草創期に創業し半世紀の間蓄積したノウハウでお客様のお悩みを解決できるよう全力で取り組んでまいります。

お問い合わせフォーム

ご依頼内容
(複数チェック可)必須
建物の所在地必須
ご担当者名必須
会社名
(法人のみ)
ご希望の連絡手段
(いずれかをチェック)必須
Eメールアドレス必須
電話番号必須
ご記入欄